施工内容

家

■外壁塗装の流れ
外壁塗装工事の流れとしては、①着工前挨拶⇒②足場着工⇒③下地調整⇒④高圧洗浄⇒⑤下地調整⇒⑥養生⇒⑦外壁下塗り⇒⑧外壁中塗り⇒⑨外壁上塗り⇒⑩足場解体・清掃をしてリフォーム完了となります。

①着工前挨拶
外壁塗装工事を行う前に、ご近所への挨拶をしていきます。
工事中は、騒音やホコリの飛散などでご近所様にご不便、ご迷惑をおかけする形となってしまいますので、必ず挨拶はしておきます。
近所へのご挨拶を行う際には、必ず業者の方と一緒にご挨拶に回ります。

②足場着工
一番始めに行う作業となるのが、足場の組立になります。塗り替え作業に必要な足場を作り上げていき、作業を進めていきます。

③下地調整
足場を組み立て、建物周りの作業が可能となったら、下地調整をしていきます。この下地調整は、主に手作業で行う作業となっています。
手作業で汚れやホコリなどを掃除し、サンドペーパーやナイロンタワシのようなもので研磨していきます。素材表面に微細な傷をつけて荒くしておくと、塗料の密着性が高くなる効果があるので、研磨は重要な作業となってきます。

④高圧洗浄
高圧洗浄によって、外壁の塗装面にこびりついたカビや汚れなど落としていきます。
高圧の水流によって洗い落とし、塗料の密着をよくしていきます。

⑤養生
高圧洗浄が終わり、下地調整が完了したら、養生に入っていきます。
塗装をする際は、家の周りに塗料が飛び散ってしまうので、ビニールやテープ、布などで覆って塗料の飛び散りを防いでいきます。
玄関前のタイル部分では、少し厚めのシートで養生していきます。

これらの準備が終わったら、いよいよ塗り替え着工となります。塗替えは、「下塗り」「中塗り」「上塗り」と3回に分けて塗っていきます。
「中塗り」とは、塗膜に厚みを持たせるために行われる作業となります。ヒビの多い外壁になると、より厚みを持たせてひびを防止する塗料で塗り替えていきます。

塗り替え作業が完了したら、最後に塗料の飛び散りやはみ出しなどがないかチェックして問題がなければ完了となります。